~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    死して尚生きる人





    今日であの震災から3年が経ちました。


    そして今日一日を仕事に追われながら、今も被災地に住む人のことや亡くなった方のご冥福を祈っていました。


    ビートたけしさんが震災後に語った記事が今日も話題になっていたので拝読しましたが、
    心にそれが突き刺さりました。


    下記ビートたけしが震災直後に語った「悲しみの本質と被害の重み」より引用


    「常々オイラは考えてるんだけど、こういう大変な時に一番大事なのは「想像力」じゃないかって思う。今回の震災の死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。テレビや新聞でも、見出しになるのは死者と行方不明者の数ばっかりだ。だけど、この震災を「2万人が死んだ一つの事件」と考えると、被害者のことをまったく理解できないんだよ。
    人の命は、2万分の1でも8万分の1でもない。そうじゃなくて、そこには「1人が死んだ事件が2万件あった」ってことなんだよ。


    かつて仏陀と呼ばれた賢人達が悟りを開き、その真を解きました。
    この世に永久不変の物は一つとしてありません。
    「諸行無常」とは良く言うけど、しかし愛する人との別れは何よりも辛いのです。
    3年前、その辛い出来事が何万件も同時に起こってしまった。




    だれでもいつかは死ぬと分かっていても、
    その時がくれば辛いのです。

    では今を生きる私たちに何が出来るのか?

    漠然とした問いの中にも実は答えがあるようにおもえました。
    ※これは僕自身が出した答えであり、世間一般に通じる物ではありません。

    それは、生まれた瞬間から向かい始める死に対して備える事。
    備えるとは寿命を延ばす為にお金を貯める事ではありません。
    ましてやシェルターを作ってそこに身を隠し続ける事でもない。

    備えるとは、
    ○愛する人と過ごす事に時間を費やす事
    ○やりたかった事に挑戦する事
    ○人を愛する事
    それだけじゃないかと思う。

    レジェンドオブフォールと言う映画にも出て来る古代インディアンの詩があります。
    「死には良い死と悪い死がある」と

    自分の愛する子供達にもいつかその時が訪れるでしょう。
    そのとき、彼達の「後悔」が一つでも少なくあって欲しい。
    出来る事なら「あの時、あの人に愛してると伝えられて良かった」と思える様な最後の瞬間を迎えられる人生を歩んで欲しい。
    そして美しい姿(心)に輪廻して欲しい。

    だから、今を生きる僕は、僕らを作ったこの自然を美しい姿のままに守って行くことが仕事なのだとおもう。

    3年前の今日、悲しくもこの世を去ってしまった方達に心よりご冥福を祈ります。
    そして彼等が美しい姿に輪廻出来る様、自然の法に従い美しい自然を守り続けることに全力を尽くします。




    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    世界で最も幸せな大統領のスピーチ



    今更だけど、FBで皆がシェアしてるスピーチを見ました。



    pt3.png

    pt1.png


    pt2.png


    http://buzznews.asia/?p=1118#_
    このスピーチの動画が気になる方は上のリンクへ行くと見れます。
    「世界で最も貧しい大統領の衝撃的なスピーチ」

    でも僕が思うに、彼は決して貧しくない。
    ぼくは「世界で最も幸せな大統領のスピーチ」だと思っています。

    ヴィバッサナーのゴエンカ氏が仰ってた事ととても良く似ていました。
    ということは、仏陀の教えにも通じると言う事かも知れません。

    彼のスピーチから「幸せ」とは、とてもシンプルなことだと学びました。










    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    果てしなく遠い究極のトリップ、入り口はすぐそこに

    _KNF8152.jpg

    今回の「」はいつにも増して、遠いところへ行って来ました。
    遠い場所、トリップと聞くと、僕は一番に温かい南の島や素晴らしい波、歴史の古い建造物、
    飛行機等を想像するのですが、
    今回の行き先はなんと自分の中。しかも深い深い潜在意識の中にある「闇」に飛び込むと言うのがミッションでした。

    前回ここで書いた記事に続き、もう一度精神世界の内容になりますが
    このブログのタイトル通り、完全個人的目線でどうしようもない事をまた書いてみようと思います。
    お時間ある方はぜひお付き合いください。




    今回参加させて頂いたヴィバッサナー瞑想法を伝えている
    ダンマ チャッティー瞑想キャンプ」は12日間、
    毎朝4時から夜の21時30まで瞑想をし、キャンプ中は

    ◯本やテレビ、ネットなどあらゆる娯楽や通信、全てを断つ
    ◯一切の会話をもしてはならない
    ◯他人と接触してはならない
    という徹底したルールの他に

    1 いかなる生き物も殺さない。
    2 盗みを働かない。
    3 いかなる性行為も行わない。
    4 嘘をつかない。
    5 酒や麻薬などを摂取しない。

    と言う戒律の元で行われました。


    ヴィバッサナー瞑想法とは?こちらを参照 

    ダンマ=自然の法
    この瞑想法はどの宗教にも属さず、純粋に仏陀が悟りを開く為に伝えた瞑想法を教えてくれます。
    ダンマとは?こちらを参照


    _DSF6944.jpg
    上の写真がその瞑想センター

    座布団の上に座り、先生の師事に従いながら目を閉じます。
    いざ瞑想を始めて見ると
    あらゆる思考が次々と押し寄せ、始めのうちは1分も集中出来ませんでした。

    「恍惚感」を感じられるのか?と期待した物の、この瞑想方ではそんなことは目的ではなく
    ただ「自分自身」を観察し続けると言うもので
    精神的にもフィジカル的にも決して楽なものではありませんでした。

    妻アンジーの事、子供達、母や妹、父の事、犬達、これまでに出会った多くの仲間や敵など問わず
    小学校で一緒だった子の顔まで浮かびあがっては消えて行きます。

    愛する人、嬉しかった事、楽しかったこと、苦しかった事、成功、失敗、嫉妬、恨みなど
    過去にあったあらゆる出来事を思いだすばかりでなく、未来への渇望も生まれては消えて行きました。
    この瞑想法では、それらを感情に流される事なく、ただ冷静に観察して行きます。

    長時間座り続ける事で生まれる体の倦怠感や疲労、痛み。全ての感覚をもありのままに感じ
    全ての感覚に対して「嫌悪」や「執着」「反応」することなく、ただ冷静に客観的に観察して行く。


    ただただこれだけを毎日繰り返しました。
    浮き出た思想や疑問をだれに相談するわけでもなく、ただひたすらに
    客観的に観察しつづける。

    _DSF6920.jpg
    なによりも愛しかった家族の顔。数日違いで妻のアンジーは同じ瞑想キャンプに参加しています。


    今回のでは、実に多くの思考に出会い、触れました。
    そこに登場して来たものは決して好ましい出来事、人ばかりでなく
    怒りや嫉妬を伴う不快なものもありました。

    でも先生のご指導に沿って瞑想を続けて行くうちに、輪の中から見ていた感情を
    その輪の外から見る事が出来る様になりました。

    永遠に続く闇の様に感じられたこのキャンプも最後の1日と迫った時、
    これまで一切の「祈り」を禁じていた瞑想法に変化が訪れました。

    そう、祈るのです。時に、たった一言。

    その祈りの言葉、それはとてもシンプルなものでした。
    そしてその祈りの言葉に、全てが救われ、幸せを感じる事が来ました。
    悟りなんて、僕にとっては雲の上の存在ですが、


    でも「これが答え」なんだと知った。


    このブログを見に来てくれた人にどれだけ伝わるかはわかりませんが、
    その最後の祈りの言葉をここでお伝えしようと思います。






    祈りの言葉





    それは時に、たった一言でした。











    「全ての人、生命が幸せでありますように」









    ゴエンカ師、そして偉大なる仏陀達
    ヴィバッサナー協会、そして奉仕の方たち
    今回ご一緒させて頂いたすべての生徒さん達に

    そしてこれまで出会った全ての人、生命に


    心から感謝します。






    みなさんが幸せでありますように。




    Kuni Takanami Official website http://www.kunitakanami.com/


    Photo Blog on Tumblr http://kunitakanami.tumblr.com/

    H.L.N.A Kuni Takanami Blog http://hlna.jp/blog/kunitakanami/


    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    最近「うるせーなぁー」と思ってたら、てめえの頭が作ったてめえの声だった件

    閲覧注意 ただのぼやきです。無駄に長文

    あしからず。


    _KNF8145.jpg
    _KNF8265.jpg
    _KNF8241.jpg
    _KNF8152.jpg
    _KNF8154.jpg


    やるべき事、やりたい事。やらざるを得ない事。 
    どこで何をしていても、我欲がある限り摩擦と葛藤は生じる。

    誰かがこう言っているとか、あの人はああだ、こうだとか
    情報が絶え間なく入ってくるこのご時世ならそれは尚更だろうと思うが、
    あるときひどい騒音に悩まされた。

    どれが真実でフェイクなのかもわからない情報を元に、脳がジャッチを始める。
    結果 今歩んでいる道を見失い、思考が閉ざされている自分に気がついた。

    だから基本に戻る為に数日の間、あらゆる情報と人との交わりを断ちたかった。
    すべての騒音を作っているのは結局の所、自分自身だから。

    数日に及ぶ森林のトレッキングはコーストラインをベースにしている自身にとって
    とても新鮮で、深い森に降りてくる闇も新しく感じ、不思議と恐怖は感じなかった。

    何百年という月日を経て草木が森を作った。
    水の流れが重力に乗って川を造り、崖を落ちて美しいラグーンを造り上げた。
    そこでも多くの動物達にも出会ったが、彼らはすばらしい。
    ただそこで生きる為だけに全力だった。

    彼らは「ほかの誰がこうしている」などどうでもよく、生きるために食い、伴侶を得る為に競争を勝ち抜き、
    命を守る為に知恵を絞っていた。

    確実に生命はサイクルしている。

    このライフが終わるとき、今持っている全ての記憶は無くなるだろう。
    でも形を変え、また別のライフを送る。流れる水は命その物なのかもしれない。

    もっと強く、美しく、優しくなりたい。
    だから楽な道ではなく、辛くても上りと下りの多い道を選ぼうと思う。
    俺のこの人生の時間なんて、この木が送る月日に比べたら一瞬にすぎない。


    今回の森林クルーズの写真をこちらにまとめました。
    Kuni Takanami behind the scene's/vol.1


    Kuni Takanami behind the scene's/vol.2


    追記:
    僕が飲まれそうになっていたのは
    つまり、こう言う事だったかも知れません。
    http://tensei.nanaki.biz/mga.html


    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    「ブラックフライデー」に愛を

    冬のボーナス、クリスマス、セール。
    楽しい楽しいお買い物。あなたは何を買いますか?
    勢いでセール品をクリックする前に、27分間だけお付き合いください。


    あなたが忘れていた物を思い出させてくれる。素敵なショートフィルムです。



    これはパタゴニアのフィルムで、ブランド自体も質の高い素晴らしいものを作り続けています。
    そして、パタゴニアの他にもこだわって作られている素敵なブランドは沢山あります。

    どうせならデザインも質も、そして作り方も愛せる物(ブランド)を選んでみませんか?









    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。