~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    Blue022号表紙決定!!

    年末から新年にかけてオーストラリアへアンジーと訪れたときの記事がBlue本誌にて
    巻頭56Pという、自身では未だかつて無い大容量の盛りだくさんな内容にて掲載されています。

    また、この号の表紙にある可愛いFinのデザインの中に配置されているのは
    今回のオーストラリアで取り貯めて来た写真たち。

    取材に向けて、当初一度はなめてかかったシングルフィンですが、
    しかし、その世界観が持つ懐の深さに
    自分自身の世界観をも変えられてしまいました。

    海を愛し、波を追い求め続けている真のソウルサーファーのあなたへ贈るメッセージを込めて作りました。
    Blue編集部戸井田さんより力をお借りしたことは勿論ですが
    おかげで多方面からのライティングアプローチに繋がった結果、意外な展開も???

    花井君のイラストもかっこいい。。

    詳しくは3月10日発売のBlueを是非♪


    以下裏Blueより引用
    http://www.hobidas.com/blog/blue/staff/

    3月10日発売、Blue.022号が手元に届きました。
    今回は、少しポップな表紙になっています。
    アイボリーのベースカラーと花井祐介くんのイラストが
    なんともクラシックな雰囲気をかもし出してくれています。。
    シングルフィンに焦点を当てたということで、
    どことなく懐かしい香りが表現できればなぁ...と思いまして。
    個人的にはけっこう好きな表紙です。

    さて、そのシングルフィン特集ですが、総56ページもの
    ボリュームを割いて、多角的にその魅力に迫っています。

    ショートボード革命を軸とした、シングルフィンにまつわるヒストリー、
    ジョージ・グリノーやジェフ・マッコイら、レジェンドたちの哲学、
    スピードの皇帝、テリー・フィッツジェラルドから息子カイへ受け継がれる血統、
    今なお色あせないウェイン・リンチのライディング、
    パタゴニアAUSの代表、グレン・ケイシーのあまりにワイルドな生活
    そして、デイブ・ラスタビッチ、ベリンダ・バグスといったスタイルマスターたちが、
    なぜシングルフィンを愛しているのか? などなど

    さまざまな視点とグラフィカルなビジュアルが融合した
    見応えある誌面展開になっていると思います。
    写真も文字もたっぷり。

    スポンサーサイト

    Category : work
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://kunihouse.blog72.fc2.com/tb.php/54-edfa5422
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。