~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    さらにあっという間の

    最後の更新から早くも1週間が経とうとしていることに今気がついた。
    うそだーっ?!!と現実を疑ってみても携帯に表示された日時に狂いはない様子。
    考えれば今生も31年目に突入するのだから時間の体感速度が
    日々早くなるのも無理はないのだけれど

    そんな時こんなわけのわからん事を自問する自分がいてみる。

    「寂しいのなら少し速度を落とそうか?
    もっと充実した時間を過ごすならさらに速度を上げようか?」











    もし今生の時間に限りがなかったとしたら、走る事の意味はなくなってしまう。
    車の最高速度は低くなり首都高の渋滞は一気に解消、ハガキからは速達のはんこが消えるだろう。
    仕事でもまあ少し待っといてー♪で10年20年は簡単にクライアントを待たせることになる。
    無論ギャラの振込なんて何百年も後回しだ。
    狙った女を今夜中に口説き落とそうなんて行為も必要はなくなるが
    そればっかりは皆必死にやり続けるかもしれない。

    そもそも死ぬ事がなければ、「偲ぶ」という言葉の意味が薄れてしまうのではないのか。
    この場合、これにかわって常用されるのが「最近逢えなくてさみしーねー。今度飲もうよー」になる。

    たかがブログの更新でこんなにもディープな話題を書く事になるなんて今の今まで
    思わなかったが、偶然にも今月友人の命日でもある。


    もしあいつにも無限の時間があったなら
    きっと今頃電話ごしに「最近連絡ねーじゃん。海入ってんの?今度飲もうぜーっ」
    とか言ってるのかも。



    まーこの辺で夢話は置いといて。
    しかし走るって事はこんなにもかったるくて、不思議とめちゃ気持ちいいのはなぜだろう?
    さっきの自問、寂しいけれど全速力で突っ走る。がマイアンサーです。


    追伸
    阿久津に電話かけたくてもかけらんない人は瞑想してやってくだはい。

    次の人生でも全力でよろしくやってます様に。


    スポンサーサイト

    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 2 comments  0 trackback

    -2 Comments

    kunihouse says..."Re: 偲ぶ・・・"
    cocoさんコメントありがとうございます。
    そう言って頂けると嬉しいです。
    これからも程よい感じでがんばるので、どうぞよろしくです。

    > Kuniさん。はじめまして・・・
    >
    >
    > ページも拝見しました☆
    > 素敵な写真に、ただ・・ただ・・・感動。。
    >
    >
    > Kuniさんのふとした言葉に、更に感動。。
    >
    >
    >
    > 【偲ぶ】という漢字は
    > 人遍に思うと書いて・・・偲ぶ。
    > 故人を思う事が、きっと供養に繋がっているのかも・・・
    > 日本人として
    > 漢字の奥深さに改めて気付かされます。
    >
    >
    > 偲ぶという漢字。
    > 普段、めったに使わない漢字。
    >
    > 大切な人を亡くして初めて出会う漢字。
    >
    >
    > 月日が経てば、自然に笑えるからと人は言うけれど・・・
    >
    > 近しい人を失うと
    > ふと。
    > 月日が経てば経つほどに、寂しさは増すのではないのでしょうか?
    >
    > 偲ぶ・・・切ない漢字です。
    >
    >
    >
    > また。素敵な写真のアップを楽しみにしています。
    > 突然のコメント。。お邪魔しました★
    2009.07.20 19:53 | URL | #- [edit]
    CoCoです。 says..."偲ぶ・・・"
    Kuniさん。はじめまして・・・


    ページも拝見しました☆
    素敵な写真に、ただ・・ただ・・・感動。。


    Kuniさんのふとした言葉に、更に感動。。



    【偲ぶ】という漢字は
    人遍に思うと書いて・・・偲ぶ。
    故人を思う事が、きっと供養に繋がっているのかも・・・
    日本人として
    漢字の奥深さに改めて気付かされます。


    偲ぶという漢字。
    普段、めったに使わない漢字。

    大切な人を亡くして初めて出会う漢字。


    月日が経てば、自然に笑えるからと人は言うけれど・・・

    近しい人を失うと
    ふと。
    月日が経てば経つほどに、寂しさは増すのではないのでしょうか?

    偲ぶ・・・切ない漢字です。



    また。素敵な写真のアップを楽しみにしています。
    突然のコメント。。お邪魔しました★

    2009.07.20 13:56 | URL | #VTEcS876 [edit]

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://kunihouse.blog72.fc2.com/tb.php/5-1d3b77eb
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。