~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    目的達成までの過程が楽しい

    ここのところ毎週恒例となっている友人ドムとの夜釣りが明日に迫った。
    月の回りも良いので魚の活性も高そう。もしかしたら、、、
    約1月ほど前に彼と見つけたあの場所がファイアーする予感。


    約2週前、妻アンジーとの仕事で釣り船に乗らせてもらった時は、30cmほどの鰹を釣り上げたけど
    実際魚がヒットした時の感動的な嬉しさはそれほどでも無かった。
    それはプロが操縦し、釣れる場所へ案内してくれたからだと思う。
    必要な道具もすべて用意されていて、僕らはただ針に餌をつけて魚が食い付くのを待つだけの
    優雅な物だった。
    _DSF0170.jpg
    _DSF0176.jpg
    _DSF0179.jpg
    _DSF0194.jpg
    _DSF0201.jpg
    _DSF0202.jpg
    抜ける様な青い空と海の中、軽食や飲み物まで振る舞ってくれるこの釣り船の上で
    船長の指示を待ちながら糸を垂らす。
    船長が場所移動を繰り返しながらたどり着いたポイントで
    嫁も遂に90cmほどのタイを釣り上げた。
    もちろんそれはそれで楽しませてもらったんだけど、でも気がつけば自身の心のどこかに
    「釣れて普通」って言う感覚が芽生えて来て、遂には「まだかなまだかな」なんつってイライラし始めていた。
    慣れや欲望とはなんとも恐ろしい。ぼーっと竿を眺めながらその事に気がつくと、ふと我に返った。
    _KNB9535.jpg
    _DSF0240.jpg
    _DSF0254.jpg
    _KNB9537.jpg



    一方で毎回釣れない友人ドムと僕の試行錯誤の夜釣り旅にも、先週で5度目の正直となったところで
    遂に魚がヒットした。
    はじめの頃は釣れれば良いと、狙う魚を定めずにただ有名なポイントへ向かい
    ルアーをキャストしていたけど魚は素通り。
    その後もドムとともに情報を集め続けて、釣れていると噂のポイントへ向かうもののやはり釣れなかった。

    毎回釣りを終えて家に戻ると寝ている家族を起こさないように静かにベッドへ潜り込むと
    「釣れた?」と妻が気にかけてくれる
    僕「だめだった。。」
    妻「はは!バカ♪」

    今思えば、釣れなかった前回までと今回初めて魚がルアーにヒットした時の違いは明らかだった。
    情報を集めて、今最も釣果の出ている魚の中で一番でかい物に狙いを定めたからだ。
    さらにはその魚の好みの食べ物や、生息する場所など習性をあらかじめ調べると
    いつも遠くにキャストしていた桟橋のすぐ足下に好ポイントがある事に気がついた。

    またボトムの石にルアーがスタックしたのかと思ったけど、テンションをかけながら巻いて行くと
    竿にあの魚がかかった時の振動が走った。
    つり上げてみるとひいき目の自己採点で40cm!
    その後ドムも2匹をつり上げた。
    7ea154d81dd911e2a9de22000a1f92c9_7.jpg


    フラットヘッドと呼ばれる日本で言うところの「マゴチ」は
    浅瀬を好むのだそうで、そんな事も知らずにぼくらはより遠くへキャストを繰り返していた訳です。
    フラットヘッドの上をジタバタしてたんですね。
    なんかこのルアーで魚を釣るって言う行為の楽しみが、すこしだけ分かった気がする。
    例えるなら、スウェルの向きや風向き、地形を予測して自分好みの波を当てに行く時と交差する感覚だった。

    話はすこし脱線しますが、
    今ネットや携帯が普及してあらゆる情報が調べられるようになりました。
    「波を当てに行く」という行為でさえ、昔に比べて簡単に誰にでも出来る様になった。
    でもその代わり、その情報は自分以外の多くの人たちもチェックしてるので
    海に着く頃には大混雑なんてことはざら。
    その逆もありましたけどね。情報では良くないけど、、、やっぱりここだった!!って言うの。

    だから最近ではスウェルの向きと強さ、風向き、潮回りや月周りなどをいくつかのサイトと天気図で
    確認してからその日のベストスポットを自分なりに予測して向かうようにしています。
    もちろんローカルや友人達からの情報は何よりも重要で、その情報は他に漏れないように
    口を固くして忍び足でパドルアウトして行く訳ですが、
    釣りもおんなじなんですね。
    しいてはライフとも似てる。。

    この日もう一つの感動はいつもと同じように家に帰りベッドに潜り込んだときでした。
    嫁「釣れた?」
    僕「釣れたよー♪ドムも2匹!」
    嫁 「ほんとに?!良かったね!!!!」と起き上がってくれて一緒に喜んでくれた。

    二人で笑いながら眠りについて、翌朝そのマゴチをフライにして頂きました。




    スポンサーサイト

    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://kunihouse.blog72.fc2.com/tb.php/299-f6a55881
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。