~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    大野マー修聖&Micro(Deftech) In 部原サーフィン撮影

    一昨日部原に熱低からのうねりがヒット。
    今回のswellをシュートする為に追いかけていた僕はSurf1stからの電話もキャッチ。
    内容は大野マーこと修聖と、大親友のMicro(Deftech)がなんとこっちに向かっているとの事で
    ひょんな事から二人の単独撮影を行わせて頂く事となりました。

    波は南~南東からのスウェルと北東系の風予想だったので、朝の4時には
    とりあえず部原を目指した。
    ここのサイズとクウォリティーをまずは確認している間に1stのクルー2名そして
    大原のドン大海さんと合流。
    その後間もなくしてマー&マイクロとも合流して、松部をチェックしたけど潮が引きすぎって
    事で、部原にて入水決定。

    まずはマーがしびれる様なサーフィンを披露してくれた。
    少しして気がつくと、それまで満員御礼だったピークの人は減って
    逆に駐車場が一目彼のサーフィンをみようというファンでいっぱいになっていた。

    一方最近サーフィンしていなかったと言うMicroも謙虚な姿勢とは裏腹に
    スプレーを飛ばしながら奇麗なラインをfaceに描いていた。

    _KNY6383.jpg


    一通り二人のライディングを撮影した後、場所をSteamer'sへ移してインタビュー

    大野ノリも出てくる幼少時代からのエピソードから始まり
    マーは「謙虚」と言う言葉に隠された深い意味を、
    Microは「押忍」の真の精神を、
    そしてお互いの事を本音で語ってくれた。

    詳しい内容は次号のSurf1stで是非!!!!!!!!!!!!!!!!

    日本を代表するサーファーと、同じく日本を代表するミュージシャンの関係は
    それぞれに刺激し合えるすばらしい関係で、「兄弟」だとお互いが認めていた。

    二人の話を聞かせてもらって私事で恐縮だけど、久しぶりに心を熱くしてもらいました。
    勇気とパワーを頂きました。
    ありがとう。

    おれはこれからもずっと、この二人を応援して行きます。

    最後に撮影に快く協力してくださった大海さんBrave surfの江沢さん
    部原のサーファーの皆さん、スティーマーズさん、Surf1stのみなさんへ
    心から感謝します。



    スポンサーサイト

    Category : work
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    Leave a reply






    管理者にだけ表示を許可する

    Trackbacks

    trackbackURL:http://kunihouse.blog72.fc2.com/tb.php/23-65ae2e81
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。