~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    価値観を壊す作業がおもしろい

    _KNB9732.jpg

    見慣れてしまった景色。
    先天性の飽き症な自分にとって、これほどまでに退屈な物は無いと決めつけていた。
    だから旅を愛したのかもしれない。


    深い瞑想に入ったつい先日のこと、いつもと同じ景色なのに
    全く別の場所にいる様な気がした。
    同じ体、ソウルを持った自身のはずなのに、その時の心境によってキャッチする感覚、目線、
    得た情報から沸き出す思考が全く違う。

    諸行無常だった。
    すべての物事は移り変わり続け、永久不変の物は存在しない。
    この脳が作り出す思考もまた同じ様に移り変わり続ける。
    毎日横になるベッドでさえも、昨日とはどこかが変わっているのだ。
    今いるこの家も、昨日とは違う。

    見慣れてしまって飽き飽きしていたこの場所が、今日はとても心地がよかった。

    ありふれたこの景色、毎日見慣れた人、今からもう一度見てみようと思う。
    様々な立場、可能な限りあらゆる角度から。
    これまで自分が作り上げた頭の中の価値感を一度ぶち壊せるとしたら、
    このライフはもっと面白くなるだろう。

    それを写真に収めよう。

    _KNB9965.jpg

    スポンサーサイト
    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    花のおかげ


    花ってすごいなー。
    蜜を蜂が吸ってとか、花粉を雌しべが受粉してとか
    もしその愛の粉を運ぶミツバチがこの世からいなくなったら、人間は生きて行けないと聞いた。
    それを言うならおれだって、このライフ、花に何度も助けてもらった。


    _KND1281.jpg

    走ったり、ゆっくり歩いて呼吸を整えたりして
    一歩づつ進んで行こうと思う。
    あのひとに言いそびれたことは無いかな?とか、考えながら
    今自分自身が出来ることのベストを、今日この日にすべて出し切って終わらせよう。

    ありがたく次の日を迎えられたなら、昨日の何が正解だったかなんてどうでもいい。
    もう一日もらえるなら
    昨日より少しはうまくいけるだろう。

    先日、道ばたに咲いていた一輪の花を摘んで
    ミツバチたちにはわるいことをしてしまった。
    あまりにもきれいだから、大切な人に渡したくなったんだ。
    その花のおかげであの人が笑ってくれた。
    ほんの一瞬だけ。

    お花さん、自己中心的で申し訳ない。
    でも、あそこに咲いていてくれてありがとう。





    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。