~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    手つかずの自然が残る西タスマニアの大自然にも多くのプラスティック

    安けりゃ安いほど良い。というその日暮らし
    辛いことから逃げ、今を生きないつけ。
    明日やろう。という後回し。
    自分だけは大丈夫。という誤信

    すべてが重なり、いつしかそのしわは目に見えるばかりか、我々人間にとって生存の脅威となるほどに
    大きな波となって押し寄せる。



    州都ホバートから船で2日間の航海の先に辿りつくことができる
    圧倒的自然の宝庫、西タスマニア。
    富士の樹海が何十個以上も続く広大の面積の山々が続くこの大地は
    保護区のため、人は住んでいない。
    見渡す限り電線も家も、道路もない。
    そんな沿岸にはプラスティックのゴミが多く打ち上げられている。

    これらを延べ10日間に渡って拾い上げながら、「この世からプラスティックがなくなる術」を真剣に考えた。
    もちろん答えなんてみつからない。
    いや、むしろ答えはありすぎる。
    しかし今のこの社会のシステムにうまく当てはまる選択肢というのが、あまりにも少ない。
    なぜならかく言う私自身もこのプラスティックの消費者なのだ。

    細かくくだけ散ったプラスティックを目の届く範囲で徹底的に拾い上げた。
    おそらく沿岸沿いですらこの状況、海中・海底の様子はもっと深刻だろう。

    細かい話はまたある媒体にて掲載頂くとして、一つ気になるサイトのシェアをFBの友人を通じてみたので
    ここで上げさせてもらいたいと思います。

    どうしようもないリアルな現実。
    「 100円ショップでの安物買いが、人生を破綻させる5つの理由 」
    http://www.bllackz.com/2012/08/100.html?m=1

    そういえば、今は亡き母もこういっていた。
    「安物買いの銭失い」

    銭を失うばかりか、自らのライフさえも危険にさらしている原因のひとつが、
    「安物買いの銭失い」、つまり自分自身の行動だったとは、、、

    _KNF4087.jpg

    プラスティックはいずれ、ゴミとなり、無知な人、悪徳なゴミ処理業者、風雨の影響によって
    自然界に運ばれたそれは数千年にも及んで動植物の生態系に悪影響を与え続けます。
    ※ビーチに打ち上げられたゴミはほんの氷山の一角に過ぎず、自然界に及ぶ影響は計り知れない。


    今自分ができること、そしてやらざること。その積み重ねが間違いなく未来を作る。
    逆に言えば未来は今の積み重ねだろう。
    バタフライ効果というものをご存知だろうか。
    (もし初めて耳にするなら、ググると良いかもしれない。)
    ※例えれば、ここにこうして目に見える形で打ち上げられたゴミは(もちろん不慮の事故の影響もあるだろうが)
    かつて私たちがバタフライの羽、一振りほどの意識で道ばたにポイ捨てしてしまったものの途中形態でもある。

    今(未来)の先には愛する子や、子孫たちが密接に関係し存在し続けるだろう。
    サーフィンを通じて海と接することで、自然がなければ我々人間のライフもないということを改めて学んだ。
    一時的になら自己中心的に、とても曖昧な「自由」に酔い浸ることはできるが、
    すべての連鎖からは決して逃れることはできない。
    自然界の掟はいたって、シンプルだ。


    すべての生命が幸せであるために、個々が最善に美しくあって欲しいと願います。



    Kuni Takanami Official website http://www.kunitakanami.com/

    Photo Blog on Tumblr http://kunitakanami.tumblr.com/

    H.L.N.A Kuni Takanami Blog http://hlna.jp/blog/kunitakanami/




    スポンサーサイト
    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。