~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    日本

    昨日日本よりオーストラリアへ帰りました。
    今回急な帰省だったので、連絡もままならず会えた方達も限られてしまいましたが
    ご縁あって今日までに出会う事が出来た皆様の健康と幸せを心より願っています。


    カメラマンの癖して今回日本へ持って行ったカメラはリコーのGRのみだったので、
    成田空港の関税係の人もビックリするくらいの軽装備で帰国出来ました。
    でも二日目以降カメラを見失うアクシデント勃発。
    ものが小さかったのもありますが、いつもの仕事七つ道具的に
    決まった納め場所がないと、一気にどこにしまったのか分からなくなっちゃう癖が出ちゃいますね。
    あんなに荷物少なかったのに。



    最終日には見つかりましたが、そういう言う事で初日&最終日の写真しかないので
    かなり飛び飛び&少なめですが勘弁してください。


    _0023502.jpg
    _0023503.jpg
    _0023506.jpg
    _0023507.jpg
    _0023511.jpg
    _0023544.jpg
    _0023541.jpg
    _0023540.jpg
    _0023527.jpg
    _0023520.jpg


    _0023546.jpg
    _0023549.jpg
    _0023548.jpg
    _0023551.jpg
    _0023556.jpg
    _0023557.jpg
    _0023564.jpg
    _0023569.jpg
    _0023571.jpg
    _0023573.jpg
    _0023578.jpg

    美味しいご飯をご馳走してくださった叔父貴&ちえさん、
    ボス&ソウルメイトの尚ちゃん、そして弟達
    2日間に渡って、伝説のゴールデンブラウンへの旅&
    磯野家ばりのリラックスで向い入れてくださった©の兄貴&姐御達、
    そして力一君ファミリー、クークン、サトシ君
    極寒波乗りに連れ出してくださって美味しいご飯を食べさせてくださった
    ツグロウさん&カミナリキングさん
    締め切りギリギリなのに時間を割いてくださったBlue編集部&天才Crew様
    病み上がりに遠くまで足を運んでくださったColorsのYogeくん
    なにかと現場仕事で重宝する日焼け止めを用意して下さった川畑さん&奥様、
    タイミング合って会えた加藤君&Red-Y氏も
    そして平日なのに集まってくれた地元のなじみとの「東京砂漠」にあるオアシス飲み、
    美味しい刺身をご馳走してくれたバヤシ君、
    最後に毎日仕事で朝が早いのに、帰国初日から成田までのお迎えと家に泊めてくれた
    ダッペ&マリナちゃん


    本当にありがとうございました。

    みんなの元気そうな顔が見れて良かった。


    これを励みに今日からまた頑張ります。
    。。。なんか日本を離れるとなるとじ~ん。。としますね。
    しみじみ書いちゃいましたがw 日本にはまたすぐに帰ります。



    そうそう、そう言えばこの写真の左の人、「りょうくん」って言うんですけど
    縁があるのかなにかと色んな場所で会うんですよね。
    _0023495.jpg
    始めは地元の床屋さんで彼がバイトしてて髪を切ってもらって、
    その数年後御前崎のkoya surf、
    さらにその数年後には仙台駅、
    またその数年後は池袋での裏路地73×Fine mag撮影中、
    そのまたさらに数年後に横須賀走水のかねよ食堂、
    そして今回は日本へ帰る為の飛行機に乗る直前inゴールドコースト空港。

    こんな偶然みなさんにもありますか?
    前世でなにかあったんですかね?
    もし分かる方いらしたら是非聞かせてください。









    ランキングは一時40位台までアップしましたが、最近あまり更新していなかったので
    またショボイ感じになってました。(今現在78位)
    Blogと言えど、毎日更新するのはやっぱりムズイっす。。
    そろそろランキング気にすんのやめようかな。
    天使の囁き→「好きな人だけ見に来てくれれば良いんじゃね~♪」
    !( ノ──__──)ゝ →人気ブログランキングへ


    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg










    スポンサーサイト
    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    ジェリーロペスさん/Patagonia

    Thanks for inviting us Patagonia.



    ジェリーロペスさんがオーストラリアへいらしているとの事で、
    昨夜Patagoniaさん主催のパーティーに参加させて頂いてきました。

    始めは50人程度の小さいパーティーだと聞いていたので比較的楽な気持ちでしたが
    いざ会場入りすると、オーストラリア中のレジェンド達が集まっていたので
    一気に緊張が高まりました。

    会場となったカランビンのサーフミュージアムに入ると、
    すぐに以前取材させて頂いたレジェンドシェイパーのボブ マックタビッシュさん、
    DVSさんに再会出来たので覚えていてくれてるかな??なんて弱腰になりながらご挨拶してみると
    前回お会いした事を覚えていてくださっていて、一気にテンションアップ↑
    _KNB9619.jpg
    ※写真はボブ マックタビッシュさんとうちの嫁


    続いて、バリのウルワツを開拓し初めてサーフィンをされた
    ラスティー ミラーさんと奥様のトリシアさんにもラスタのファームでお会いした以来の再会。
    お二人とも本当に素敵なカップルでとてもお元気そうでした。
    _KNB9730.jpg



    さらに奥へ進むとそこにはPatagoniaのアンバサダーウェインリンチさん!!
    そして次回の某取材でお世話になるPatagonia Australiaの社長グレンさんのお二人に感動の再会!!
    _KNB9746.jpg


    このパーティーのお誘いを頂いた時に、Patagonia USAのジェイソンさんも来てるって
    聞いていたのでアンジーとどの人だろうね?って話していると、、、
    真後ろにいました!!
    右から2番めがPatagonia USAのジェイソンさん、その左がグレン ケーシーさん
    (右の方名前聞くの忘れちゃいました。。ごめんなさい)
    _KNB9727.jpg


    こちらはサーフムービー界のもう一人の巨匠ジャック マッコイさん(右)と
    僕の写真も展示してくださっているイベントBleachのオーガナイザー、シェリーさん
    _KNB9735.jpg



    まずはサーフムービー会の巨匠ジャックマッコイさんの新作発表の上映から始まり、
    ウェインさんのユーモア溢れるトークで楽しませてもらいました。
    _KNB9639.jpg
    _KNB9632.jpg
    _KNB9666.jpg


    そしてジェリーさん登場。
    彼の歴史を振り返る写真をスライドで流しながらのトークショーは彼のハワイで得た経験や、
    考え方などとても深い内容で
    つたない英語力の僕にはかなり難し過ぎたので、嫁に翻訳してもらいながら聞いていました。

    時折ダライラマさんのお言葉なども交えながら、サーフィンと自然との関わり方
    環境を守る事への重大さを教えて頂きました。
    _KNB9701.jpg
    _KNB9716.jpg


    _KNB9740.jpg
    サイン会にて







    ジェリーさんのお話は凄く心に突き刺さりました。
    その中でもお話の中に出されたダライラマさんの言葉が気になったので
    ググってみるとこんな言葉が出て来ました。
    CLU_0038y.jpg
    Photo kuni takanami/Special thanks Surf1st magazine&Patagonia


    ダライラマ氏
    amr11051310480003-n1.jpg

    ある人がダライラマに尋ねました。人間についてもっとも驚かされることはどんなことかと。

    「人です。人は自分の健康を害してもお金を稼ごうとします。

     そして今度は、その害した健康を取り戻すためにお金を投げだします。

     さらに人は将来のことを憂うばかりで、今この時を楽しむことをしません。

     結果として、人は今も未来も生きられないのです。

     人は、あたかも死ぬことなどないかのごとく生き、

     そして一度も本当の意味で生きることなく死ぬのです。」



    「真の意味で生きる」と言う事はどういうことなのか?
    もう一度考えてみたいと思います。


    Patagoniaさん、素晴らしいパーティーにお招き頂きありがとうございました。



    2012/2/11~26日開催
    [Bleach]
    http://bleachfestival.com.au/artists/profile/kuni-takanami/






    ランキング現在は2カテゴリーにポイントを振り分けていたものを
    サーフカテ1つにまとめた事で、一時40位台までアップしました!
    とは言ってもまだまだショボイです。
    ランキングへのご協力をぜひお願いします。

    一日1回、こいつをぽちっと押して頂くだけです。→人気ブログランキングへ
    ありがとう!!

    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg










    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    加藤嵐、世界のトップにガチで挑む The Breaka Burleigh Pro

    バーレーで行われていたWQS4☆イベントのhttp://www.breakaburleighsurfpro.com.au/index.phpが本日幕を閉じました。
    詳しい結果は上のリンクにあるオフィシャルサイトをご覧ください。


    オーストラリアを代表する波の一つと言われる程の
    素晴らしいブレイクを持つバーレーヘッズで行われた今回の試合は、
    WQS4スターにも関わらず現役WCT選手達も参加する程で、エントリーは超豪華な顔ぶれでした。

    そんなことを言っても選手たちはヒート上でぶつかる相手がいる限り、
    どんな大物だろうと倒して行かなければなりませんが
    それが例え憧れのWCT選手や世界チャンピオンであっても同じです。


    今回も世界を目指す一人の日本人サーファーがWQS4スターイベント
    The Breaka Burleigh Proにてクウォーターファイナルへと勝ち進みんだところで
    いよいよWCTチャンピオンのミック ファニング、そしてエアーのジョシュ カー、
    ブレント サベージと真っ向から勝負すべき時が来ましたので
    その戦いをしっかりとこの目に焼き付けて来ました。


    開始早々バーレーのアウトサイドで一本の波を捕えたミック ファニングは
    その足でもう一度掘れながらブレイクを始めるインサイドへと移動。
    この作戦がピタリとはまり、インサイドはしばしミックの独壇場となってしまった。
    その状況をいち早く知ってインサイドにポジションを移して来たのはジョシュで、
    中判から得意のエアーで猛追撃を開始しました。

    嵐とブレントの待つアウトにはインサイドまで繋げられる様な
    一発逆転のセットがなかなか入らず
    思い通りにスコアを伸ばせないまま、時間を消費してしまった。
    後半、作戦を変更しインサイドへ向かうものの一歩及ばず。
    4位のまま無情のフォーンが鳴った。

    ビーチから見ていて感じた事だけど、
    たとえポジショニングが良かったとしても
    技の成功率やキレは、世界トップとやり合う為に精度をさらに高めることが必要で、
    そしていざと言うときに出せる
    ジョシュの様なファーストターンからの「デカイ一発」の様な武器があると
    更に勝ちやすくなる気がする。



    このヒートで得たものが沢山あったと話す嵐だけど、彼の成長ぶりは素晴らしい。
    その実力は本当にいつ勝ってもおかしくないって思わせてくれる程ですが
    今日の所は神様がいざWCTツアーを回る時が来た時の為に、
    「今は底力を身につけときなさい」って言ってるのかも知れないですね。

    嵐の爆発した時のサーフィンを見ているだけに、今回の結果は残念ですが
    今回得る事が出来た価値ある経験をまた一つの糧にして
    大きく伸びて行って欲しいと思います。





    http://www.breakaburleighsurfpro.com.au/index.php


    _KNB9027.jpg


    _KNB9067.jpg
    _KNB9021.jpg
    _KNB9076.jpg
    _KNB9126.jpg
    _KNB9144.jpg
    _KNB9182.jpg
    _KNB9132.jpg
    _KNB9220.jpg
    _KNB9201.jpg
    _KNB9206.jpg
    _KNB9237.jpg
    _KNB9329.jpg
    _KNB9338.jpg

    _KNB9210.jpg


    今回の撮影でお世話になっているジュニア達のスポンサー様
    Joistick http://www.joistiksurfboards.co.jp/
    Boss Yamadaさんhttp://ameblo.jp/hrs-surf/page-2.html#main
    Takeruさん ありがとうございます。





    2012/2/11~26日開催
    [Bleach]
    http://bleachfestival.com.au/artists/profile/kuni-takanami/






    ランキング現在は2カテゴリーにポイントを振り分けていたものを
    サーフカテ1つにまとめた事で、一時40位台までアップしました!
    とは言ってもまだまだショボイです。
    ランキングへのご協力をぜひお願いします。

    一日1回、こいつをぽちっと押して頂くだけです。→人気ブログランキングへ
    ありがとう!!

    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg














    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    ノースストラディーより帰宅

    ノースストラディーより帰宅しました。
    コンテストの詳細はこちらをどうぞ。
    oakley pro junior

    今回のプロジュニアでのJapanese Surfers達の最高位は中村タクミ選手と新井ヒロト選手のround of16



    Photo Kuni Takanami/Surfer Takumi Nakamura
    _KNA9952.jpg


    Photo Kuni Takanami/Surfer Hiroto Arai
    _KNA0075.jpg



    会場横でのフォトセッションに熱くなってしまったおかげで
    今大会のハイライトだった中村タクミ選手のヒートを見過ごしちゃいました。
    でも、ヒートRound of 32で彼が魅せたライディングは会場を沸かせていた様です。

    Photo Kuni Takanami/Surfer Arashi Kato
    _KNA0083.jpg
    _KNA0104.jpg
    加藤嵐選手は今回持ち味を出し切れないままヒートが終了。がっくし肩を落とした。

    彼らが悔しい思いをする姿をあえて見たいなんて人はいないと思うけど、
    応援する方達にもこの姿を見てもらう事は大切な事だと思うので載せときます。

    僕的には近いうちに、世界の舞台で彼らが喜ぶ顔を撮影出来ると確信してます。
    もしかしたら今期だったりして。













    今回の撮影でお世話になっているジュニア達のスポンサー様
    Joistick http://www.joistiksurfboards.co.jp/
    Boss Yamadaさんhttp://ameblo.jp/hrs-surf/page-2.html#main
    Takeruさん ありがとうございます。





    2012/2/11~26日開催
    [Bleach]
    http://bleachfestival.com.au/artists/profile/kuni-takanami/






    ランキング現在は2カテゴリーにポイントを振り分けていたものを
    サーフカテ1つにまとめた事で、一時40位台までアップしました!
    とは言ってもまだまだショボイです。
    ランキングへのご協力をぜひお願いします。

    一日1回、こいつをぽちっと押して頂くだけです。→人気ブログランキングへ
    ありがとう!!

    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg













    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    ノースストラディー プロジュニア 

    今日のコンテストはレイデイ。
    オンショアびゅーびゅーで波も良くないので仕方ないですね。
    今日はオフショット撮影しに行ってきます。

    と言う事で昨日の写真の一部をどうぞ

    _KNB8079.jpg
    _KNB8073.jpg



    _KNA9821.jpg
    _KNA9945.jpg
    _KNA9948.jpg
    _KNA9951.jpg

    _KNA0113.jpg
    _KNA0073.jpg

    _KNB8192.jpg
    _KNA9992.jpg

    _KNA0048.jpg
    _KNA0131.jpg
    _KNA0141.jpg



    今回の撮影でお世話になっているジュニア達のスポンサー様
    Joistick http://www.joistiksurfboards.co.jp/
    Boss Yamadaさんhttp://ameblo.jp/hrs-surf/page-2.html#main
    そしてTakeruさん ありがとうございます。





    2012/2/11~26日開催
    [Bleach]
    http://bleachfestival.com.au/artists/profile/kuni-takanami/






    ランキング現在は2カテゴリーにポイントを振り分けていたものを
    サーフカテ1つにまとめた事で、一時40位台までアップしました!
    とは言ってもまだまだショボイです。
    ランキングへのご協力をぜひお願いします。

    一日1回、こいつをぽちっと押して頂くだけです。→人気ブログランキングへ
    ありがとう!!

    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg



    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    デイブ ラスタビッチ&ローレン、カーリー、アンジェラ

    1週間続いた雨がやっと止むと、バイロンにオフショアが吹きました。
    あの男と、女子達が帰って来たのでこれまた久しぶりのシュート!
    気がつけば豪華な顔ぶれになっていました。

    Dave Rastovich デイブ ラスタビッチ (ソウルサーファー)
    Gary Mcneill ギャリー マクニエル(フォーミュラエナジーサーフボード シェイパー)
    Mick Waters ミック ウォーターズ (シネマグラファー/ソウルサーファー)
    Lauren Hill ローレンヒル (ソウルサーファー)
    Karlee Mackie カーリー マキー (元WCT選手 現在ソウルサーファー)
    Angie Takanami アンジー 高波 (フリーランスライター/ソウルサーファー)

    _KNA9565.jpg

    _KNA9575.jpg

    _KNA9584.jpg

    _KNA9669.jpg

    _KNA9714.jpg
    _KNA9736.jpg
    _KNB7611.jpg


    _KNB7790.jpg
    _KNB7811.jpg
    _KNB7831.jpg
    _KNB7932.jpg
    _KNB7888.jpg
    _KNB7926.jpg
    _KNA9594.jpg

    セットは2-3ftだったけど、終日弱いオフショアで
    最高な波と人たちとのセッション。ラスタはモンスターバレルでひっかけた膝がまだ痛いのに
    ぶっ続けで4時間surfするほどのファンウェーブでした。



    明日からはノースストラディーで開催されているプロジュニアに向かいます。
    って事で明日も早いのでそろそろ寝ます。
    おやすみなさい。






    2012/2/11~26日開催
    [Bleach]
    http://bleachfestival.com.au/artists/profile/kuni-takanami/






    ランキング現在は2カテゴリーにポイントを振り分けていたものを
    サーフカテ1つにまとめた事で、一時40位台までアップしました!
    とは言ってもまだまだショボイです。
    ランキングへのご協力をぜひお願いします。

    一日1回、こいつをぽちっと押して頂くだけです。→人気ブログランキングへ
    ありがとう!!

    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg


    Category : work
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。