~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Posted by kunihouse on  | 

    勝てる人は勝つ。[Back from Noosa,Surfer Journal Japanそして発売中]

    またまた久しぶりのブログ更新

    まさかのヘビバイトからのASP取材、そしてヌーサで行われていたサーフフェスティバルと
    シーズン真っ盛りなオーストラリアで駆け回っています。

    こちらではなんと40日間以上と言う記録的な大雨が続いておりましたが
    ようやくその雨も一段落したようで、それに伴ってジャンクなコンディションが続いていた
    波も素晴らしい本来の姿を見せ始めました。

    WCTが行われていたゴールドコーストの方は情報通の皆さんの事、
    ここではあえて触れる必要は無いでしょう。
    とは言っても途中でヌーサへ向けて発ってしまったので、
    どうしても気になって結果をウェブで知りました。
    賛否はありますが、個人的には「勝つ人は勝つ」と言うのが垣間みれた瞬間でした。

    よくよく考えれば、サーフィンのコンテストシーンにおいてだけではなくて、
    人間社会全体にもうまく当てはまる気がする。
    相手の出方を尊い受け流す武士道的な美学もあれど、
    それとは矛盾するルールもまた一つ。人によっては勝つ事こそが美学でもある。

    この答えはきっと人それぞれだと思うし、どちらもまちがった事じゃなくて
    ドロップがどうの、スポーツマンシップがどうと言うのは、この世界のトップで戦う二人が、信じる物を追い続けた結果でしかなく、良い悪いは周りが騒ぎ立てるものでしかない。
    _KNF0195.jpg

    _KNF0275.jpg



    さて、一方
    ヌーサと言えば、この張りつめたASPとは180度ほどの差がある緩く温かな
    空気が流れ、波も延々と張り続けるアメージングな場所。

    そんなヌーサにはシングルフィンの生きる伝説 ジョエル チューダーの手によって
    ここに世界中から招待されたスタイルマスター達が集結しておりました。
    さらにフェスティバル内では招待選手達で行われるダクトテープ以外にも
    多くのジャンルでコンテストが開催され、そこで日本代表選手達も世界を相手に
    大健闘と、アドレナリン全快な撮影トリップとなりました。

    詳しくは是非次号のBlue.Magをお楽しみに!!
    _DSF1213.jpg
    _KNF2472.jpg
    _KNB3914.jpg




    最後になりますが、日本語版Surfer Journalの最新号が発売され
    そこに僕が愛するサーファー、オノゲ君そして真木勇人氏とともに訪れたクラウドナインでの写真を
    掲載して頂きました。

    毎回プロアマ関係なく写真を公募の中からこのSurfer Journal本誌アメリカのエディター ジェフさんと、
    SJJ発行人のガードナー氏によって選ばれる1枚とあってとても光栄に思います。
    とは言っても、写真は僕だけのものじゃなくて、被写体そして旅の仲間すべてのおかげがあっての物。

    この場をお借りして、掲載までに関わってくださったすべての皆様、仲間達に心よりお礼申し上げます。

    TSJJ_2-6_cover-e1359711424412.jpeg


    http://www.surfersjournal.jp/going-deeper-2-2/

    スポンサーサイト
    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    「ノープランの旅では、流れに身を任せ続けるとどうなるのか?Vol.5」完結

    台風の影響から出港が心配されましたが、
    無事予定通り新島を後にして、天城超えから再度御前崎のSurf Garage1122Surf store

    Cloveruのメインシェイパーで、ぼくらにとってのもう一人の兄貴
    Ryoske Hori氏のもとへ愛しのボードちゃんたちをピックアップしに向かいました。
    _KNB7075.jpg


    みんなから頂いた本気で調子の良いツインちゃんは乗りすぎて修理が必要だったので、
    あわせてシングルフィンもメンテナンスをお願いしてたんです。

    ピッカピカに生き返ったサーフボードちゃんたち。
    オーストラリアの波でどこまで動いてくれるのか本当に楽しみです。

    さらに兄貴からオーストラリアにお土産と、素敵なサプライズがありました。
    _KNB7005.jpg
    _KNB7022.jpg
    ぴっかぴかに磨きがかかったこの板を見ると、彼がどんな思いでこの板を作ってくれたのかは
    すぐに感じ取る事が出来ます。

    これは僕の撮影する写真に対しても言える事なんですけど、
    人の作り上げる「物」って、よく見てみると丹念に作り込まれた物なのか
    それとも量産された物の1つなのかなんてことがわかります。

    愛情で削られたこの板のライフを、最大限まで生かしてきますね。
    まずはクアッドで試してみるか、シングルで渋いラインを描くか悩みます。
    こっちの仲間たちにも乗ってもらえたら良い画が取れるでしょうね!




    こちらは少し前後しますが、急なお願いにも関わらず
    多忙なスケジュールの中時間を割いてお会いしてくださった皆様と、
    お話に付き合ってくださった方々に改めてお礼申し上げます。
    また、今回の日本滞在でお会い出来なかった皆様、ご連絡もままならず申し訳ありませんが
    次の再会を楽しみにしています。


    _DSF1524.jpg_DSF1506.jpg_DSF1491.jpg
    _DSF1456.jpg_DSF1455.jpg_DSF1461.jpg
    _DSF1550.jpg_KNB8971.jpg_KNB9045.jpg
    _KNB9021.jpg_KNB9011.jpg_KNB8864.jpg
    _KNB8824.jpg_KNB8827.jpg_KNB8951.jpg



    _KNB8920.jpg
    多分僕の中で一番憧れのスタイルを持っている大好きな先輩Onogeくん。
    東浪見でお会い出来て本当に嬉しかったです。



    _DSF1526.jpg
    ボス、色々とありがとうございました。


    _DSF1539.jpg
    73Rderの頃からずーっとお世話になっているバヤシ君です。
    ロングでJPSAのプロ資格を軽く取ってしまうほどのスキルを持つ波乗り名人で
    彼もまたすばらしいシェイパーの一人です。
    ロングからハイパフォーマンス、そしてオルタナティブと自在に創作していますが
    そのクウォリティーは流石です。
    近いうちにバヤシ君から受け継いだ板のレポートも追ってアップしますね!



    _DSF1557.jpg
    _DSF1558.jpg
    日本滞在最後の閉めは成田山

    無宗教なのでお経の意味は全く分かりませんが、
    あそこの広い畳の上に座り、住職たちの声と太鼓の音を聞きながら
    釈迦の教えと、ある人の事を考えました。

    今はきっと姿形を変えて、色々な場所にいるはずです。
    僕らとの記憶が今も残っているのかは分かりませんが、
    とにかくまたどこかで出会える事を祈りました。
    もしかしたら今目の前を飛んでる虫かも知れないし、草や花から
    また長い年月を経て様々な姿へと移り変わって行ってほしいと思います。

    その為には、この自然のシステムをこれ以上自分の手でわざわざ壊す訳には行かないので、
    まずは自分たちのライフから見直さないと。
    あと、妹とも仲良くしないとな。。



    という事で、長くなったこの日本シリーズも完結です。
    次回からは通常の内容に戻ります。

    最後まで見てくれてありがとうございます。

    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    スピリチュアルな場所

    ジェリー ロペスさんはこう言ったそうです。※サーフィンワールド誌
    「バレルの中は最もスピリチュアルで神聖な場所だ」と。









    確かに、だれでもこの場所にたどり着ける訳ではなく
    そして誰一人としてその場所に留まり続ける事は出来ません。

    例え命に関わる様なリスクを背負ったとしても、Surfer達が目指すその場所は
    色彩に溢れ、時に光と色を失ってたとしてもまた別の魅力を解き放つ。
    待ちに待って、気まぐれに現れたと思えば、ほんの一瞬その姿を見せて
    またすぐに消えてしまいます。

    でも、もし一度でも
    その中の光景と出会ってしまったら、、


    この場所を探し当てるには運もあるけど、
    なによりも海を知り、神(自然)とコネクトする体と精神力を手に入れる事が必要かもしれません。


    _KNA8616-1.jpg
    Byron local soul Surfer /Banana Craig
    About Banana Craig
    http://commongroundaustralia.com/byronbay/community/people-2/the-banana-man/



    _KNB3850-1.jpg
    Rider/Johnny Abegg
    About Johnny Abegg
    http://johnnyabegg.wordpress.com/


    _KNB5560-1.jpg
    Rider / Unknown

    _KNB5576-1.jpg
    Rider / James McMillan
    About James McMillan
    http://www.abigmiracle.blogspot.com.au/

    次はどこに現れるのか?
    今のところ情報を集めて想像する事しか出来ませんが
    いつ現れても良いように、今からまた準備だけはしときます。
    _KNA3040.jpg
    All Photos/Kuni Takanami







    現在絶賛発売中のこちらではジェリーさんの特集が組まれてます。
    かなり濃い一冊でお勧めです。
    http://www.surfingworld.com.au/
    sw325_slider_web.jpg




    !( ノ──__──)ゝ →人気ブログランキングへ

    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg



    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    ノースストラディーより帰宅

    ノースストラディーより帰宅しました。
    コンテストの詳細はこちらをどうぞ。
    oakley pro junior

    今回のプロジュニアでのJapanese Surfers達の最高位は中村タクミ選手と新井ヒロト選手のround of16



    Photo Kuni Takanami/Surfer Takumi Nakamura
    _KNA9952.jpg


    Photo Kuni Takanami/Surfer Hiroto Arai
    _KNA0075.jpg



    会場横でのフォトセッションに熱くなってしまったおかげで
    今大会のハイライトだった中村タクミ選手のヒートを見過ごしちゃいました。
    でも、ヒートRound of 32で彼が魅せたライディングは会場を沸かせていた様です。

    Photo Kuni Takanami/Surfer Arashi Kato
    _KNA0083.jpg
    _KNA0104.jpg
    加藤嵐選手は今回持ち味を出し切れないままヒートが終了。がっくし肩を落とした。

    彼らが悔しい思いをする姿をあえて見たいなんて人はいないと思うけど、
    応援する方達にもこの姿を見てもらう事は大切な事だと思うので載せときます。

    僕的には近いうちに、世界の舞台で彼らが喜ぶ顔を撮影出来ると確信してます。
    もしかしたら今期だったりして。













    今回の撮影でお世話になっているジュニア達のスポンサー様
    Joistick http://www.joistiksurfboards.co.jp/
    Boss Yamadaさんhttp://ameblo.jp/hrs-surf/page-2.html#main
    Takeruさん ありがとうございます。





    2012/2/11~26日開催
    [Bleach]
    http://bleachfestival.com.au/artists/profile/kuni-takanami/






    ランキング現在は2カテゴリーにポイントを振り分けていたものを
    サーフカテ1つにまとめた事で、一時40位台までアップしました!
    とは言ってもまだまだショボイです。
    ランキングへのご協力をぜひお願いします。

    一日1回、こいつをぽちっと押して頂くだけです。→人気ブログランキングへ
    ありがとう!!

    John witzigさんの著書、その名も[John witzig]
    購入したい方は直接ジョンさんのweb site
    もしくは僕ら宛にメールください。
    kunihouse@hotmail.com
    価格はAir mailでの発送でAUD$55-
    英語版のみ
    数量限定なのでお早めに




    Special Thanks
    73Riders
    Cloveru
    Equipage wetsuits
    World Surfaris Japan
    ELCA
    Nikon
    lowepro
    logos-2.jpg













    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    正直若返りたいって思う日も

    最近近所のビーチで良く会うイケメンサーファーのかつや。
    彼は以前かねよアートスタジオのジョン氏との撮影の時に一緒にいて、千葉であった事がありました。
    こっちで波乗りしてる時に僕に気がついた様で、声をかけてくれたのです。
    _0023222.jpg
    自称パイプラインマスターズのおじさんからもらったと言うワックスと共にパシャ

    今はファームで仕事をしながら波乗り三昧なライフスタイルを送っているとの事。
    最高ですね♪
    ぼくも楽しかったあの10数年前を思いだします。
    思えばキラが炸裂してたな~

    そうそう、あの頃のキラでオージー達よりも深い所からスタンディングでチューブを抜けて来たのが
    オノゲ君で、一目見て彼に憧れました。

    写真は昨年のクラウド9 驚く事に今も昔と全く変わらないスタイル。むしろ進化してます。
    詳しくはBlue.のバックナンバーをご覧ください。
    278213_2054680520539_1050332677_32271126_7310811_o.jpg


    かつやも良い波を求めてこっちに来たみたいなのですが、
    正直独り身のフットワークが羨ましい。笑
    貴重なワーホリ生活で素晴らしい波との出会いに恵まれると良いねー♪










    ランキング始めてみました。
    面白かったら是非1日1回
    こいつをぽちっとお願いします。→人気ブログランキングへ

    FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)
    JAL日本航空 JMB WAON

    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。