FC2ブログ

    ~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    「ブラックフライデー」に愛を

    冬のボーナス、クリスマス、セール。
    楽しい楽しいお買い物。あなたは何を買いますか?
    勢いでセール品をクリックする前に、27分間だけお付き合いください。


    あなたが忘れていた物を思い出させてくれる。素敵なショートフィルムです。



    これはパタゴニアのフィルムで、ブランド自体も質の高い素晴らしいものを作り続けています。
    そして、パタゴニアの他にもこだわって作られている素敵なブランドは沢山あります。

    どうせならデザインも質も、そして作り方も愛せる物(ブランド)を選んでみませんか?









    スポンサーサイト



    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    男なら振り向くな いや、どうぞ

    _KNB2880-2.jpg


    ブログお引っ越しの告知から2ヶ月半、まさかの出戻り?

    いや、実はですね、引っ越した先のタンブラーは写真を見せるって言う目的で言えば
    とてもかっこいいし使い易い。
    ただ、文章を載せると、とても見にくいレイアウトになってしまったんですね。
    ならばと、文字数を大幅に減らして写真で語ろうと試みたんです。

    男なら、「背中で語れ!」とばかりに昭和時代ですよ。
    写真を背中に例えて黙々と語って来た訳ですけれども、(いや、語ろうとして来た)
    あとで見返してみたら自分自身でさえも、何語ったんだかわからねぇ。。っていう問題に遭遇しました。
    この写真好きとか、、そうじゃない写真て言うのはみなさんあると思いますよ。
    でもね、この2ヶ月の間もっと熱く語っていたんです。僕の中では。

    その2ヶ月と言う期間を経て、改めて自分のタンブラーを客観的に見る事が出来たんですが、
    アクセス数はそこそこあるんですけれども、だれも僕の背中(写真)が語った事に対して
    理解出来ねえだろこれじゃ、、つって、悟った訳です。

    あとね、本音を言うとやっぱり愚痴やトーキンシットしたいんです。
    人間ですから思った事とか、そう言うのを、写真で表現するのと同じくらいに
    言葉にして吐き出したい。写真家のくせに!みたいな所、
    そんなわりかしカテゴリとか気にしない自由な自分もいることに気がつきました。

    思ったんですけど、「文章力」って言うのはやはり、「愛」と同じで
    愛情を注いであげないと育たないんですね。
    ただでさえ未熟な私の日本語、放っておいたら少年時代に戻ってしまいますよ。
    ぼくのビジュアルが少年時代に戻ってくれるならありがたいのですが、文章力が少年時代に戻るのは痛い。
    なので、みなさんの目に触れるって言う刺激を僕の文章力にも、もう一度与えてやってください、と。


    と言う事で、完全に不定期ながら
    なにかが溜まった時には、こちらFC2ブログさんのお世話になろうと言う事になりました。

    自分でもすこしややこしいので、皆様にはもっとややこしいと思います。
    恐縮ではございますが、


    改めて私Kuni Takanamiに関する情報を発信しますツール、
    本家website http://www.kunitakanami.com/ (過去の仕事で撮った写真中心、更新年に数回程度)
    写真中心、ブログ(随時更新、文章あまりなし)http://kunitakanami.tumblr.com/
    小言、妄言をこちらのブログhttp://kunihouse.blog72.fc2.com/にて(更新不定期、写真もたまにあり)
    って言う感じで発信させて頂こうと思います。

    もちろんFBやインスタ、ツイッターをフォローして頂いている皆様には
    自動的にアップのお知らせが入りますので、特に「ああ、なんかやってんなー」くらいに
    思って頂けたら幸いです。
    https://www.facebook.com/pages/Kuni-Takanami-Photography/162405490523845

    そうそう、今月より新たに実業家、そしてソウルサーファーであり、俳優としても有名な中村竜くんの
    運営するサイトH.L.N.Aさん
    (最低週1更新)の方でもブログを書かせて頂く事となりました。
    こちらでは主にサーフィン中心の情報をあげさせて頂くつもりでいますが、
    ゲストとしての立場ですので、ここで書くみたいには中々。。
    お出かけ先で「おりこう」にしているぼくの文章もぜひ、からかいに来てみてくださいね。

    長々と失礼しました。

    あーーーーーすっきりしたぁ。。







    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    引っ越し

    引っ越し

    ぼちぼち新しいウェブサイトが完成すると言う事で、そこに合わせて今日までお世話になってきましたFC2ブログからtumblrへと引っ越しする事になりました。 

    今日までブログへ起こし下さった皆様へ心から感謝申し上げます。

    また、今日からはこちらのブログへ写真と共に記事を投稿して参ります。

    つきましてはお手数ですが、ブックマークのご変更をこちら宛まで

    お願い致します。

    http://kunitakanami.tumblr.com/

    今後とも変わらずのお付き合いを頂けます様よろしくお願いします。

    Kuni Takanami

    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    Island Photography

    前回のブログでは長々とカメラに関するうんちくを語らせて頂きましたが、
    こちらでは写真をメインに、しばしの間Island Timeを楽しんで頂ければと思います。
    ※すべての画像はクリックで拡大表示されます。

    Island Photography from Maldives
    撮影Nikon D600,D3,D300s
    Photographer Kuni Takanami

    撮影協力(Special thaks):
    モルディブ観光政府
    Nikonn
    Sony
    Yahoo7
    Muther of all things
    Makapu'u
    Spel
    Equipage wetsuits
    CloverU
    Ryoske Hori surfboards
    73Riders
    Camilla Franks
    Shangri-la maldives
    Anantara Maldives
    Virgin Air
    Etihad Air

    mdbbrg01-2547.jpg
    mdbbrg01-2588.jpg
    mdbbrg01-2617.jpg

    mdbbrg01-2634_20130323172947.jpg

    mdbbrg01-2570.jpg
    special thanks Makapu'u

    mdbbrg01-2550.jpg
    special thanks Muther of all things

    mdbbrg01-2666_20130323172947.jpg

    mdbbrg01-2767.jpg
    mdbbrg01-2773.jpg
    mdbbrg01-2819.jpg





    mdbbrg01-0941-2_20130323163752.jpgmdbbrg01-0961-2.jpgmdbbrg01-0979-2_20130323163751.jpg
    mdbbrg01-1010-2_20130323163751.jpgmdbbrg01-1110.jpgmdbbrg01-1161.jpg
    mdbbrg01-1175.jpgmdbbrg01-1193.jpgmdbbrg01-1257.jpg
    mdbbrg01-1418.jpgmdbbrg01-1473.jpgmdbbrg01-1829.jpg
    mdbbrg01-1912.jpgmdbbrg01-1920.jpgmdbbrg01-2472.jpg




    mdbbrg01-1676-2.jpg

    Category : 写真
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    勝てる人は勝つ。[Back from Noosa,Surfer Journal Japanそして発売中]

    またまた久しぶりのブログ更新

    まさかのヘビバイトからのASP取材、そしてヌーサで行われていたサーフフェスティバルと
    シーズン真っ盛りなオーストラリアで駆け回っています。

    こちらではなんと40日間以上と言う記録的な大雨が続いておりましたが
    ようやくその雨も一段落したようで、それに伴ってジャンクなコンディションが続いていた
    波も素晴らしい本来の姿を見せ始めました。

    WCTが行われていたゴールドコーストの方は情報通の皆さんの事、
    ここではあえて触れる必要は無いでしょう。
    とは言っても途中でヌーサへ向けて発ってしまったので、
    どうしても気になって結果をウェブで知りました。
    賛否はありますが、個人的には「勝つ人は勝つ」と言うのが垣間みれた瞬間でした。

    よくよく考えれば、サーフィンのコンテストシーンにおいてだけではなくて、
    人間社会全体にもうまく当てはまる気がする。
    相手の出方を尊い受け流す武士道的な美学もあれど、
    それとは矛盾するルールもまた一つ。人によっては勝つ事こそが美学でもある。

    この答えはきっと人それぞれだと思うし、どちらもまちがった事じゃなくて
    ドロップがどうの、スポーツマンシップがどうと言うのは、この世界のトップで戦う二人が、信じる物を追い続けた結果でしかなく、良い悪いは周りが騒ぎ立てるものでしかない。
    _KNF0195.jpg

    _KNF0275.jpg



    さて、一方
    ヌーサと言えば、この張りつめたASPとは180度ほどの差がある緩く温かな
    空気が流れ、波も延々と張り続けるアメージングな場所。

    そんなヌーサにはシングルフィンの生きる伝説 ジョエル チューダーの手によって
    ここに世界中から招待されたスタイルマスター達が集結しておりました。
    さらにフェスティバル内では招待選手達で行われるダクトテープ以外にも
    多くのジャンルでコンテストが開催され、そこで日本代表選手達も世界を相手に
    大健闘と、アドレナリン全快な撮影トリップとなりました。

    詳しくは是非次号のBlue.Magをお楽しみに!!
    _DSF1213.jpg
    _KNF2472.jpg
    _KNB3914.jpg




    最後になりますが、日本語版Surfer Journalの最新号が発売され
    そこに僕が愛するサーファー、オノゲ君そして真木勇人氏とともに訪れたクラウドナインでの写真を
    掲載して頂きました。

    毎回プロアマ関係なく写真を公募の中からこのSurfer Journal本誌アメリカのエディター ジェフさんと、
    SJJ発行人のガードナー氏によって選ばれる1枚とあってとても光栄に思います。
    とは言っても、写真は僕だけのものじゃなくて、被写体そして旅の仲間すべてのおかげがあっての物。

    この場をお借りして、掲載までに関わってくださったすべての皆様、仲間達に心よりお礼申し上げます。

    TSJJ_2-6_cover-e1359711424412.jpeg


    http://www.surfersjournal.jp/going-deeper-2-2/

    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。