FC2ブログ

    ~The world moves on~ Kuni Takanami's beach life photography blog | Photographer Kuni Takanami Beach life photos & talking shit

    果てしなく遠い究極のトリップ、入り口はすぐそこに

    _KNF8152.jpg

    今回の「」はいつにも増して、遠いところへ行って来ました。
    遠い場所、トリップと聞くと、僕は一番に温かい南の島や素晴らしい波、歴史の古い建造物、
    飛行機等を想像するのですが、
    今回の行き先はなんと自分の中。しかも深い深い潜在意識の中にある「闇」に飛び込むと言うのがミッションでした。

    前回ここで書いた記事に続き、もう一度精神世界の内容になりますが
    このブログのタイトル通り、完全個人的目線でどうしようもない事をまた書いてみようと思います。
    お時間ある方はぜひお付き合いください。




    今回参加させて頂いたヴィバッサナー瞑想法を伝えている
    ダンマ チャッティー瞑想キャンプ」は12日間、
    毎朝4時から夜の21時30まで瞑想をし、キャンプ中は

    ◯本やテレビ、ネットなどあらゆる娯楽や通信、全てを断つ
    ◯一切の会話をもしてはならない
    ◯他人と接触してはならない
    という徹底したルールの他に

    1 いかなる生き物も殺さない。
    2 盗みを働かない。
    3 いかなる性行為も行わない。
    4 嘘をつかない。
    5 酒や麻薬などを摂取しない。

    と言う戒律の元で行われました。


    ヴィバッサナー瞑想法とは?こちらを参照 

    ダンマ=自然の法
    この瞑想法はどの宗教にも属さず、純粋に仏陀が悟りを開く為に伝えた瞑想法を教えてくれます。
    ダンマとは?こちらを参照


    _DSF6944.jpg
    上の写真がその瞑想センター

    座布団の上に座り、先生の師事に従いながら目を閉じます。
    いざ瞑想を始めて見ると
    あらゆる思考が次々と押し寄せ、始めのうちは1分も集中出来ませんでした。

    「恍惚感」を感じられるのか?と期待した物の、この瞑想方ではそんなことは目的ではなく
    ただ「自分自身」を観察し続けると言うもので
    精神的にもフィジカル的にも決して楽なものではありませんでした。

    妻アンジーの事、子供達、母や妹、父の事、犬達、これまでに出会った多くの仲間や敵など問わず
    小学校で一緒だった子の顔まで浮かびあがっては消えて行きます。

    愛する人、嬉しかった事、楽しかったこと、苦しかった事、成功、失敗、嫉妬、恨みなど
    過去にあったあらゆる出来事を思いだすばかりでなく、未来への渇望も生まれては消えて行きました。
    この瞑想法では、それらを感情に流される事なく、ただ冷静に観察して行きます。

    長時間座り続ける事で生まれる体の倦怠感や疲労、痛み。全ての感覚をもありのままに感じ
    全ての感覚に対して「嫌悪」や「執着」「反応」することなく、ただ冷静に客観的に観察して行く。


    ただただこれだけを毎日繰り返しました。
    浮き出た思想や疑問をだれに相談するわけでもなく、ただひたすらに
    客観的に観察しつづける。

    _DSF6920.jpg
    なによりも愛しかった家族の顔。数日違いで妻のアンジーは同じ瞑想キャンプに参加しています。


    今回のでは、実に多くの思考に出会い、触れました。
    そこに登場して来たものは決して好ましい出来事、人ばかりでなく
    怒りや嫉妬を伴う不快なものもありました。

    でも先生のご指導に沿って瞑想を続けて行くうちに、輪の中から見ていた感情を
    その輪の外から見る事が出来る様になりました。

    永遠に続く闇の様に感じられたこのキャンプも最後の1日と迫った時、
    これまで一切の「祈り」を禁じていた瞑想法に変化が訪れました。

    そう、祈るのです。時に、たった一言。

    その祈りの言葉、それはとてもシンプルなものでした。
    そしてその祈りの言葉に、全てが救われ、幸せを感じる事が来ました。
    悟りなんて、僕にとっては雲の上の存在ですが、


    でも「これが答え」なんだと知った。


    このブログを見に来てくれた人にどれだけ伝わるかはわかりませんが、
    その最後の祈りの言葉をここでお伝えしようと思います。






    祈りの言葉





    それは時に、たった一言でした。











    「全ての人、生命が幸せでありますように」









    ゴエンカ師、そして偉大なる仏陀達
    ヴィバッサナー協会、そして奉仕の方たち
    今回ご一緒させて頂いたすべての生徒さん達に

    そしてこれまで出会った全ての人、生命に


    心から感謝します。






    みなさんが幸せでありますように。




    Kuni Takanami Official website http://www.kunitakanami.com/


    Photo Blog on Tumblr http://kunitakanami.tumblr.com/

    H.L.N.A Kuni Takanami Blog http://hlna.jp/blog/kunitakanami/


    スポンサーサイト



    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    「ブラックフライデー」に愛を

    冬のボーナス、クリスマス、セール。
    楽しい楽しいお買い物。あなたは何を買いますか?
    勢いでセール品をクリックする前に、27分間だけお付き合いください。


    あなたが忘れていた物を思い出させてくれる。素敵なショートフィルムです。



    これはパタゴニアのフィルムで、ブランド自体も質の高い素晴らしいものを作り続けています。
    そして、パタゴニアの他にもこだわって作られている素敵なブランドは沢山あります。

    どうせならデザインも質も、そして作り方も愛せる物(ブランド)を選んでみませんか?









    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    男なら振り向くな いや、どうぞ

    _KNB2880-2.jpg


    ブログお引っ越しの告知から2ヶ月半、まさかの出戻り?

    いや、実はですね、引っ越した先のタンブラーは写真を見せるって言う目的で言えば
    とてもかっこいいし使い易い。
    ただ、文章を載せると、とても見にくいレイアウトになってしまったんですね。
    ならばと、文字数を大幅に減らして写真で語ろうと試みたんです。

    男なら、「背中で語れ!」とばかりに昭和時代ですよ。
    写真を背中に例えて黙々と語って来た訳ですけれども、(いや、語ろうとして来た)
    あとで見返してみたら自分自身でさえも、何語ったんだかわからねぇ。。っていう問題に遭遇しました。
    この写真好きとか、、そうじゃない写真て言うのはみなさんあると思いますよ。
    でもね、この2ヶ月の間もっと熱く語っていたんです。僕の中では。

    その2ヶ月と言う期間を経て、改めて自分のタンブラーを客観的に見る事が出来たんですが、
    アクセス数はそこそこあるんですけれども、だれも僕の背中(写真)が語った事に対して
    理解出来ねえだろこれじゃ、、つって、悟った訳です。

    あとね、本音を言うとやっぱり愚痴やトーキンシットしたいんです。
    人間ですから思った事とか、そう言うのを、写真で表現するのと同じくらいに
    言葉にして吐き出したい。写真家のくせに!みたいな所、
    そんなわりかしカテゴリとか気にしない自由な自分もいることに気がつきました。

    思ったんですけど、「文章力」って言うのはやはり、「愛」と同じで
    愛情を注いであげないと育たないんですね。
    ただでさえ未熟な私の日本語、放っておいたら少年時代に戻ってしまいますよ。
    ぼくのビジュアルが少年時代に戻ってくれるならありがたいのですが、文章力が少年時代に戻るのは痛い。
    なので、みなさんの目に触れるって言う刺激を僕の文章力にも、もう一度与えてやってください、と。


    と言う事で、完全に不定期ながら
    なにかが溜まった時には、こちらFC2ブログさんのお世話になろうと言う事になりました。

    自分でもすこしややこしいので、皆様にはもっとややこしいと思います。
    恐縮ではございますが、


    改めて私Kuni Takanamiに関する情報を発信しますツール、
    本家website http://www.kunitakanami.com/ (過去の仕事で撮った写真中心、更新年に数回程度)
    写真中心、ブログ(随時更新、文章あまりなし)http://kunitakanami.tumblr.com/
    小言、妄言をこちらのブログhttp://kunihouse.blog72.fc2.com/にて(更新不定期、写真もたまにあり)
    って言う感じで発信させて頂こうと思います。

    もちろんFBやインスタ、ツイッターをフォローして頂いている皆様には
    自動的にアップのお知らせが入りますので、特に「ああ、なんかやってんなー」くらいに
    思って頂けたら幸いです。
    https://www.facebook.com/pages/Kuni-Takanami-Photography/162405490523845

    そうそう、今月より新たに実業家、そしてソウルサーファーであり、俳優としても有名な中村竜くんの
    運営するサイトH.L.N.Aさん
    (最低週1更新)の方でもブログを書かせて頂く事となりました。
    こちらでは主にサーフィン中心の情報をあげさせて頂くつもりでいますが、
    ゲストとしての立場ですので、ここで書くみたいには中々。。
    お出かけ先で「おりこう」にしているぼくの文章もぜひ、からかいに来てみてくださいね。

    長々と失礼しました。

    あーーーーーすっきりしたぁ。。







    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    引っ越し

    引っ越し

    ぼちぼち新しいウェブサイトが完成すると言う事で、そこに合わせて今日までお世話になってきましたFC2ブログからtumblrへと引っ越しする事になりました。 

    今日までブログへ起こし下さった皆様へ心から感謝申し上げます。

    また、今日からはこちらのブログへ写真と共に記事を投稿して参ります。

    つきましてはお手数ですが、ブックマークのご変更をこちら宛まで

    お願い致します。

    http://kunitakanami.tumblr.com/

    今後とも変わらずのお付き合いを頂けます様よろしくお願いします。

    Kuni Takanami

    Category : life
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback

    勝てる人は勝つ。[Back from Noosa,Surfer Journal Japanそして発売中]

    またまた久しぶりのブログ更新

    まさかのヘビバイトからのASP取材、そしてヌーサで行われていたサーフフェスティバルと
    シーズン真っ盛りなオーストラリアで駆け回っています。

    こちらではなんと40日間以上と言う記録的な大雨が続いておりましたが
    ようやくその雨も一段落したようで、それに伴ってジャンクなコンディションが続いていた
    波も素晴らしい本来の姿を見せ始めました。

    WCTが行われていたゴールドコーストの方は情報通の皆さんの事、
    ここではあえて触れる必要は無いでしょう。
    とは言っても途中でヌーサへ向けて発ってしまったので、
    どうしても気になって結果をウェブで知りました。
    賛否はありますが、個人的には「勝つ人は勝つ」と言うのが垣間みれた瞬間でした。

    よくよく考えれば、サーフィンのコンテストシーンにおいてだけではなくて、
    人間社会全体にもうまく当てはまる気がする。
    相手の出方を尊い受け流す武士道的な美学もあれど、
    それとは矛盾するルールもまた一つ。人によっては勝つ事こそが美学でもある。

    この答えはきっと人それぞれだと思うし、どちらもまちがった事じゃなくて
    ドロップがどうの、スポーツマンシップがどうと言うのは、この世界のトップで戦う二人が、信じる物を追い続けた結果でしかなく、良い悪いは周りが騒ぎ立てるものでしかない。
    _KNF0195.jpg

    _KNF0275.jpg



    さて、一方
    ヌーサと言えば、この張りつめたASPとは180度ほどの差がある緩く温かな
    空気が流れ、波も延々と張り続けるアメージングな場所。

    そんなヌーサにはシングルフィンの生きる伝説 ジョエル チューダーの手によって
    ここに世界中から招待されたスタイルマスター達が集結しておりました。
    さらにフェスティバル内では招待選手達で行われるダクトテープ以外にも
    多くのジャンルでコンテストが開催され、そこで日本代表選手達も世界を相手に
    大健闘と、アドレナリン全快な撮影トリップとなりました。

    詳しくは是非次号のBlue.Magをお楽しみに!!
    _DSF1213.jpg
    _KNF2472.jpg
    _KNB3914.jpg




    最後になりますが、日本語版Surfer Journalの最新号が発売され
    そこに僕が愛するサーファー、オノゲ君そして真木勇人氏とともに訪れたクラウドナインでの写真を
    掲載して頂きました。

    毎回プロアマ関係なく写真を公募の中からこのSurfer Journal本誌アメリカのエディター ジェフさんと、
    SJJ発行人のガードナー氏によって選ばれる1枚とあってとても光栄に思います。
    とは言っても、写真は僕だけのものじゃなくて、被写体そして旅の仲間すべてのおかげがあっての物。

    この場をお借りして、掲載までに関わってくださったすべての皆様、仲間達に心よりお礼申し上げます。

    TSJJ_2-6_cover-e1359711424412.jpeg


    http://www.surfersjournal.jp/going-deeper-2-2/

    Category : surf
    Posted by kunihouse on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。